« 日本語あれこれ(思い内にあれば色外に現る) | トップページ | 日本語あれこれ「枝を伐(き)って根を枯らす」 »

2018年8月31日 (金)

日本語あれこれ(思い内にあれば色外に現る)

「おもいうちにあれば いろそとにあらわる」

心に何か思う事があると、自然に表情や所作、動作に現れる。色」は顔色や表情のことを指しています。

心の中で清らかなことを思えば所作、動作も自然で無駄のないものになり自ずと言葉も美しくなる。逆に心の中で醜いことや穢れたことを思うと所作はぎこちなく、言葉も汚くなったりします。

例えば、恋をしているときにはその想いは表面に現れて(与える印象が、優しく、やわらかくなる)きます。想いが強ければ強いほど当事者のみならず、周りでも分かるのです。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

« 日本語あれこれ(思い内にあれば色外に現る) | トップページ | 日本語あれこれ「枝を伐(き)って根を枯らす」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語あれこれ(思い内にあれば色外に現る):

« 日本語あれこれ(思い内にあれば色外に現る) | トップページ | 日本語あれこれ「枝を伐(き)って根を枯らす」 »

ウェブページ

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ