« 日本語あれこれ(思い内にあれば色外に現る) | トップページ | 日本語あれこれ「いつも月夜に米の飯(めし)」 »

2018年9月 1日 (土)

日本語あれこれ「枝を伐(き)って根を枯らす」

木を枯らすには根に手を入れず細い枝を切り落としてから、徐々に根を枯らしたほうが良いという意味です。

物事の処理方法(手順)について言った諺で、「木を枯らすためには、最初から苦労して根を掘り起こすよりも、光合成ができなければ木はいずれ枯れるもの。従って、まず枝を切り払ってしまう方が楽であることから、何事も最初から大変なことに手をつけるよりも、まず手近で小さなことから処理した方が効率的である。」というたとえを言ったものです。知恵を使って事を運べということです。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

« 日本語あれこれ(思い内にあれば色外に現る) | トップページ | 日本語あれこれ「いつも月夜に米の飯(めし)」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語あれこれ「枝を伐(き)って根を枯らす」:

« 日本語あれこれ(思い内にあれば色外に現る) | トップページ | 日本語あれこれ「いつも月夜に米の飯(めし)」 »

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ