説話(所得)

一九六〇年代半ば、「所得倍増、私はうそは申しません」と言った首相がいました。やがて日本は高度成長時代に入り、多くの人の夢と希望がかきたてられ、物資の出まわりがよくなり、外貨残高は急増、円の実力は上がっていった時代がありました。

「所得倍増」というのは「国民総所得」のことで「国民総生産」と同じようなもの。個人の所得と企業の所得が共に倍増、ということは、結局、物価も倍増し、なんだかだまされたような感じがしたものです。

「所得」というのは、サンスクリット語の「ウバラブディ」「ウバラブタ」の漢訳語で「所有(しょう)」とも訳されています。一般には自分の所有となるもの、収入、利益などを言います。「無所得(むしょとく)」というと収入や獲得するものがないことですが、仏教では、得るものがないということは執着のない状態てあり、とらわれの心がなく自由な境地のことをいいます。

「ことばの旅」静岡県成道寺住職伊久美清智師著を参考&編集

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ