心に残ることば「個性は人の数だけある」

よく「価値観の違い」とか「考え方の違い」「性格の不一致」などという言葉を聞きます。離婚の理由などでもよく使われる表現です。

『人間は、それぞれ考え方や、ものの見方が違うのが当然である。その違いを認め合い、受け入れられる広い心を持つことが大切である。』新渡戸稲造(国際連盟事務次長を務めた、日本の農学者・教育者。旧五千円紙幣の肖像)の言葉です。

この地球上にはおよそ74億人強(二〇一七年現在)という人間が暮らしています。そのすべての人間が「各々異なる個性の持ち主」なのです。

「いい言葉は人生を変える」㈱大創出版を参考&編集

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ