説話(相続の本来の意味合い)

人の心そのものは一瞬ごとに変化するものです。しかしその瞬間瞬間ごとでの行い、あり方というものは必ず何らかの潜在力を残して次の 瞬間の心に引き継がれていくものです。

少しややこしいですが、この「非連続の連続体」ともいうべきものが「相続」です。
いま、「相続」というと「遺産相続」ぐらいしか思い浮かばないのですが、仏教的な本来の意味からすれば「相続」とは「心の相続」をいいます。 人様々で、遺産をめぐる争いはよくあることですが、誰にも共通にあるのが「心の相続」です。

「子孫のために美田を残さず」という言葉があります。これは、子どものため にこれといった遺産を残さないのが親心という意味合いです。

「ことばの旅」静岡県成道寺住職伊久美清智師著を参考&編集

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ