心に残ることば「努力しただけ成果が出る」

「『千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。』宮本武蔵(「五輪書:ごりんのしょ」:江戸時代初期の剣術家。兵法書や水墨画を残している。)の言葉です。

「鍛」という字は鍛え上げることを、「錬」という字は手を加えて質をよくすることを意味します。この文字を組み合わせた「鍛錬」という言葉には、訓練で技術を磨くという意味もあります。何事も千日(約三年間)練習すると一生の技術として身につく、更に努力を続けて万日(約三十年間)練習すればそのレベルは格段に優れたものに、かつ質的に大きな変化を遂げる。といった意味合いなのです。

日々の繰り返しが成功につながります。

「いい言葉は人生を変える」㈱大創出版を参考&編集

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ