心に残ることば「戦いはお互いの力を温存して勝つ」

考え方は人それぞれ。そのため相容れない意見と戦うこともあります。時には意見を通すために論争になるかもしれません。そんな時にでも忘れてならないのは相手にも信条や信念、プライドがあるということです。そういったことを汲んで対応することは大切です。必要以上に強気に出て攻め立て、負かしてしまう必要はありません。『戦は六、七分の勝ちを充分とする。』豊臣秀吉(安土桃山時代に転嫁を統一した戦国大名)の言葉です。

強気に出すぎた場合の手痛いしっぺ返しも想定にいれることです。勝ち負けは相手があって初めて成り立ちます。相手の考えも尊重することで、人間性をアピールすることにもなります。いずれかの時期に強い味方になる可能性もあります。お互いのダメージは最小限にしておくことです。

「いい言葉は人生を変える」㈱大創出版を参考&編集

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ