説話(日頃の立ち振る舞い)

寺には宿坊をしているところがあります。宿坊と聞けば精進料理を思い浮かべる方も多いと思います。精進料理は肉類や香りのきつい物を使わず、野菜を中心とした料理ですが、それでも野菜の命を奪っているのですから、調理する側も日々精進です。
宿泊のお客様には色々な方がいらっしゃいます。参拝のために宿泊されるのですから、信仰に熱心な方もいれば、どこかの旅館やホテルと勘違いされているのか我儘な方もいらっしゃいます。立ち振る舞いはもちろんですが、食後のお膳の様子を見ればそのことは一目瞭然です。綺麗に食べておられる人もいれば、どの料理も少しだけ突っついて残している人、お皿の上をひどく汚くしている人もいます。そんな時、この人は家でもどこでもそうなのかな?・・。ここの宿坊に限らず、お店での食事でも同じかな?・・。とついつい顔を見てしまうのも修行が足りないせいでしょう。精進精進!

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ