心に残ることば「悲しさや苦しさを心に閉じ込めない」

『口に出さない悲しみは心臓にささやいて、それを破裂させる。』ウイリアム・シェイクスピア(イギリス・ルネサンス文学を代表する劇作家、詩人。)の言葉です。

この言葉は、「悲しみを取り払うために叫びなさい。少しでも苦しみを紛らすために叫びなさい。」という意味合いです。何も考えずに叫んだり走ったりすることは、脳や心にとって刺激的で有意義なことのようです。

最近はあまり見かけませんが昔流行った青春ドラマに"しのごの言ってないで夕日に向かって走るんだ。さあ一緒に行こうぜ!」などというシーンがありましたが、これも大きな癒しの効果のひとつなのでしょう。

時には何も考えずに走ってみることもいいかも!

「いい言葉は人生を変える」㈱大創出版を参考&編集

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ