説話「果報(かほう)」

「果報は寝て待て」という諺(ことわざ)があります。幸運を求めるにはあせってはいけませんよ、待っていれば自然とやって来るものです。という意味なのでしょう。また運が強く幸せな人のことを果報者といったりもします。

仏教では因果応報の理を説いています。因果とは原因の「因」と結果の「果」ですから、人の行いや考え方の善悪に対して、必ずそれに応じた結果があることを言っているのです。善因善果、悪因悪果がそれです。従って果報とは報いとして受ける結果のことをいいます。

一般に使われている果報は、しあわせな善い結果の場合だけのようですが、本来の果報には『善果』も『悪果』もあります。そしてそれは「自身の努力・行動や考え方により得る結果」と説かれていますので、単に寝て待っているだけでは「善い結果」は得られないことになります。

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

参考「楽しい仏教用語」(http://www.terakoya.com/yougo/b_yougo.html)より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ