説話「行水(ぎょうずい)」

たらい(平たい桶で通常丸い形をしている)に湯や水を汲んで、それを浴び、汗などを流すことを行水といいます。行水でさっぱりした後、ゆかたを着て、縁台で涼むなど、なかなか風情のあるものでした。今では、このようなのどかな風景は見られなくなりました。

仏教では、行水は、食後、鉢や手を洗うことを言ったのです。この行いが、清水で身体を洗い身を正すことになり、それが一般にも広がったのです。

日本では、入浴はもともと仏教の作法で、僧侶以外の人は、昔は海や川で簡単に身体を洗う程度でした。僧侶が温水により清浄にしていたのが、一般社会にも浸透していったのです。

今ではシャワーを浴びて、ということになります。

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

参考「楽しい仏教用語」(http://www.terakoya.com/yougo/b_yougo.html)より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ