情報セキュリティ(ソフトウェアを最新に保とう)

パソコンやスマートフォン・タブレット端末などは、内部のソフトウェアが処理することで動いています。

ソフトウェアには、オペレーティング・システム(OS)と呼ばれる、コンピュータを動かす基本的なソフトウェアや、ホームページを閲覧する際に使うWebブラウザ、メールを送受信するのに使うメールソフトなど、利用目的に合わせたさまざまなものがあります。しかし、こうしたソフトウェアには時間の経過とともに、脆弱性(ぜいじゃくせい)と呼ばれる不具合が発見されることがあります。これはプログラムの不具合や設計ミスに起因して起こるものですが、それらが発見されるたびに修正プログラムが、メーカーから配布されています。

脆弱性を残しておくことは、さまざまな攻撃のきっかけを与えてしまうことになりますので最新のものに更新することが重要です。

出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/01.html)をもとに編集

マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ