日本語あれこれ(助平:すけべえ)

時々寄席に落語を聞きに行きますが、古典落語には庶民のユーモア感覚が盛りだくさんです。例えば長屋話に“与太郎(よたろう)”“飲兵衛(のんべい)”“三太郎(さんたろう)”などの名前(これはニックネーム)が定番で登場します。この名前の付け方には感心させられます。その人の人格や性格が名前に刷り込まれているのです。

一般的に色好みの人のことを「助平」と表現しますがこれも庶民生活の中から生まれたニックネームとのこと。最初は、色好みの人のことを“好(すき)兵衛”と名づけたそうで、やがて変化して「助平」になったとのこと。この「助平」は当初の意味合いどおり今でも一般的にも使われている表現です。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

「知っているようで知らない日本語」㈱ごま書房より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ