日本語あれこれ「蓼(たで)食う虫もすきずき」

人の好みは十人十色で本人しかわからない価値(好み)があるものです。そのようなことを言い表した言葉が「蓼(たで)食う虫もすきずき」です。

蓼の葉は香辛料に使われ非常に辛い。その辛い新芽を食べる虫が居ることからの表現のようです。

人の好みはそれぞれ違い、世の中にはもの好きが居る。というたとえに使われます。また、人の好みに口を挟むなという教訓でもあります。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

「知っているようで知らない日本語」㈱ごま書房より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ