日本語あれこれ(うなぎのぼり)

ニホンウナギの生態についてはまだまだ謎のところが多いようです。又、近年では稚魚の漁獲量も減少していてうなぎ料理は高級料理で価格も正に「うなぎのぼり」、庶民の口には入りづらい状態が続いています。

この「うなぎのぼり」という表現、人気や料理の値段が上昇したからということでは有りません。

これには諸説あり、ひとつは「うなぎを手でつかむとぬるりと逃げられ両手を交互させているうちにどんどん高いところへ登っていくからという説」、もう一つは「うなぎは水中で垂直に上っていくことに由来するというもの」です。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

「知っているようで知らない日本語」㈱ごま書房より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ