日本語あれこれ(お湿り)

「おしめり」です。水不足にでもならない限り都会で生活する人にとっては、雨はどちらかといえばありがた迷惑と思う人が多いのでは?しかし農業に従事している方からすれば雨は“天の恵み”です。特に日照り続きの後に地を潤してくれた雨は何ものにも代えがたいものです。これに感謝して雨に“お”をつけて「お湿り」と奉ったのでしょう。

適度の雨はありがたくても、近年では、お湿りどころか豪雨になり災害を引き起こす事態が多々あります。何事も度を越すと厄介ものになります。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

「知っているようで知らない日本語」㈱ごま書房より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ