認知症:若年性認知症への支援(診断後の対応)

若年性認知症は働き盛りの年代で発症するため、本人や家族、職場に様々な影響が現れます。老年期で発生する認知症とは異なる支援が必要です。

・若年性認知症と診断された場合、本人に告知する場合が多い。

・経済的負担を含め本人や家族への影響が大きいため、本人の不安は大きい。

・本人が告知を希望した場合でも深刻な抑うつ状態になる場合もあります。

→「若年性認知症支援コーディネーター」や「病院のソーシャルワーカー」などの専門家に相談し、治療や生活に関わるアドバイスを得ることをお勧めします。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター育成「ステップアップ講座用テキスト(NPO法人地域ケア政策ネットワーク/全国キャラバン・メイト連絡協議会)」より引用・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ