認知症:若年性認知症への支援(経済支援と制度の活用)

若年性認知症は働き盛りの年代で発症するため、本人や家族、職場に様々な影響が現れます。老年期で発生する認知症とは異なる支援が必要です。

・一家の生計を支える立場の人の場合、仕事の継続が出来なくなることで経済的に困窮する場合が多く有ります。→

・勤務先の労務担当部門に休職等を含めた就業規則について確認する。

・診断されたら、早急に就労中から利用可能な医療・福祉制度を利用する。

・早めに若年性認知症支援コーディネーターへ相談する。

・医療機関のソーシャルワーカー、介護保険のケアマネージャーなどの専門家との連携をする。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター育成「ステップアップ講座用テキスト(NPO法人地域ケア政策ネットワーク/全国キャラバン・メイト連絡協議会)」より引用・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ