心に残ることば「不幸とは!」

『不幸は、大半が人生に対する謝った解釈のしるしである。』ミシェル・ド・モンテーニュ(十六世紀フランスで活躍した哲学者。)のことばです。

人はうまくいかないことがあると、ついつい愚痴を言いたくなるもの。多少の愚痴ならストレスの発散にもなり得ますが、愚痴はどれだけ言っても問題が解決することにはなりません。仏教での解釈では「ものごとを正しく認識したり判断したりできないこと。愚かであること。」とされています。当り散らしても誰も得をしないのです。

「いい言葉は人生を変える」㈱大創出版を参考&編集

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ