説話「知事(ちじ)」

知事? そうです。都道府県の「知事」のことです。

日本での知事は、明治時代の初めに設けられた官職の一つで、造幣事務を取り扱う最高責任者でしたが、のちに、各都道府県を統括する代表者として、その最高責任者の職名となりました。

由来は中国で、中国での知事は州や県などの地方の長官を指していましたから、それがわが国に入ってきたのでしょう。

又、仏教とも関係があるのです。仏教では、寺院の雑事や庶務をつかさどるのが知事(僧侶)の仕事でした。

庶務をつかさどり、財物を保護し、諸僧の希望するものに適応し、戒律をよく保ち、公正な心の持ち主、そんな聖者を知事に任命したのです。禅宗寺院には六知事が設けられ、庶務を分担しています。

このように、仏教寺院にとって、仏道を修行する僧達のために、知事は重要な役割を持つ僧職だったのです。

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

参考「楽しい仏教用語」(http://www.terakoya.com/yougo/b_yougo.html)より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ