日本語あれこれ(朝顔の花一時)

「あさがおの はなひととき」

朝早く咲き昼にはしぼむ朝顔の花のように、物事の盛りの時期は短く、はかないことを例えて言ったものです。

同じような意味合いを持つ言葉に「槿花一日の栄(きんか いちじつのえい)」があります。これは、夏の間、大きな花を幾つも幾つも咲かせる木槿(むくげ)ですが、その花一つ一つは、朝に開いて夕方には萎んでしまう一日花です。その花の見事さと、その見事な花の命が一日しかないということから生まれた言葉です。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ