認知症:若年性認知症:子どもへの影響と対策(病気の説明を行うにあたっての留意点)

若年性認知症の人の子どもたちは、さまざまな悩みや困難を抱えることになり、子どもへの精神的・経済的支援も重要です。

・高校生ころまでは、とりわけ親の存在は大きいものです。症状による親の姿に拒否感が強くなる場合もあります。

・思春期のころは、親をモデルとして大人へと成長していく時期でもあるため現実を受け入れることが困難な場合もあります。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター育成「ステップアップ講座用テキスト(NPO法人地域ケア政策ネットワーク/全国キャラバン・メイト連絡協議会)」より引用・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ