説話「生命(いのち)」

人間が一つの生命を授かるのは「大海の中に落とした針を探すようなもの」あるいは「山頂から麓の針の穴に糸を通すほど難しいこと」だと喩(たとえ)えられるほどかけがえのないことなのです。しかし子供たちが考えている死への認識は低く、小学生の約15%はゲーム等の仮想的なものとしてリセット(再生)できるものと捉えているとさえ云われています。昭和時代(中盤まで?)の人達は2世代、3世代同居の家庭が普通であって、生活の中から高齢者や弱い人たちを労わる心が育まれて、命に対する尊さや命が無くなることの悲しさ、寂しさを体験することが出来ましたが、近年ではそういった生活スタイルではなくなっています。
家庭の中でも学校教育の中でも、もう少し「生命の教育」をはじめ、人間として生まれた歓び、家族や他人との繋がり、さらには動物も植物も尊い生命を持っていることを、幼少の時から系統たてて、教える必要があります。

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ