認知症:若年性認知症:就労中に利用できるサービスや制度(精神障害者保健福祉手帳)

若年性認知症の人が利用できるサービスや制度があります。個々人の状態や環境により異なります。

・認知症などの精神疾患があり日常生活に支障をきたす場合に、必要なサービスを受けるための手帳。

・市区町村の障害福祉担当課に、申請書、診断書(初診日から6ヶ月経過後に作成されたもの)を添えて申請する。

・税制の優遇措置、公共料金や施設利用料の割引などが受けられる。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター育成「ステップアップ講座用テキスト(NPO法人地域ケア政策ネットワーク/全国キャラバン・メイト連絡協議会)」より引用・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ