日本語あれこれ(歳月、人を待たず)

“さいげつ、ひとをまたず”です。

時間は人の都合とは関係なしに刻々と過ぎていくものであり、人を待ってくれることなどなく留まることがないものである。ということわざです。

これを拡大勝手解釈すると、「人には生まれた瞬間から命という時間を与えられます。この時間は有限で誰にも分からない時間であり且つ、二度と戻らない時間です。与えられた大切な時間を無駄にしないで有効に使いなさい。」という戒めの言葉とも捉えられます。又、次のような表現もあります。

“一日に朝は二度とない”今を大切に、未来(将来)に向かって一瞬一瞬を大切にです。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ