日本語あれこれ「はめをはずす」

この表現、例えばお酒を飲んでいて、ついつい興に乗って「はめ」を外し、人に絡む、喧嘩をして暴れだし手が付けられなくなる。正に暴れ馬と同じです。

馬の口には、暴れないように轡(くつわ)というものが付けてあります。轡(くつわ)には、はみ(馬銜)という道具が取り付けてあり、特にこの「はみ」が外れると馬は暴れだすようです。

人が酔っ払って暴れだし手が付けられない状態と、「はみ」が外れて暴れだす馬の様子が似ているということから“はみをはずす”という表現となり、やがて「はめをはずす」に変化したとも言われているようです。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

「知っているようで知らない日本語」㈱ごま書房より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ