説話(愛敬)

「愛」という字は、相手の「心」を「受」けると書きます。これは、相手の立場に立つ思いやりのことです。「敬」には、うやまう・つつしむという意味があり、「心の内に愛情をもって敬う」ということから、にこやかで親しみやすい、かわいらしさのことをいうようになりました。
仏教においては、仏の柔和な心と、慈愛にあふれた姿のことを「愛敬相」(あいぎょうそう)といい、この「愛敬」という言葉が一般的に使われるようになったものです。つまり、仏のように、心が柔和で、やさしく、ゆきとどいた心づかいが表れている人のことを「愛敬のある人」というのです。
昔から「男は度胸、女は愛敬」といわれますが、現代ではいささか異なる場面に多々遭遇します。
「男も女も、度胸・愛敬」何れも大切です。

IT坊主の無駄方便」/eお坊さんねっと 説話集より

参考「仏教から生まれた日常の言葉」(耕雲寺:http://www.kouunji.or.jp/lecture/word16.htmlより引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ