日本語あれこれ「二の矢がつげない」

「つがえる」は“セットする”という意味ですから、「つげない」は“セットできない”という意味になります。

昔、弓矢を使って合戦していたころ、武将はいかに早く弓に矢を「つがえて」放つかが重要でした。まごまごしていると相手からの矢に当たり自分が危なくなります。最初の矢を放って次の矢(二の矢)を如何に早く放つかがポイントなのです。

このように「二の矢がつげない」場合は絶体絶命のピンチに陥ることになります。現代のビジネス戦線でもスピード感が重要という表現をしますが、考え方は戦国時代と同じようです。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

「知っているようで知らない日本語」㈱ごま書房より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ