日本語あれこれ「トリを取る」

毎年大晦日の「紅白歌合戦」。プロの歌手であれば一度でいいから“トリを取ってみたいもの”と思うのは当たり前でしょう。最後に登場することです。

そもそも「トリ」とは寄席言葉です。芸人の世界ではきっちりとした序列が守られていて、最後に登場するのが「真打」で格段の信頼と責任を負っているとのこと。「トリ」は“鳥”ではなく動詞の「取る」で、“最後を取る”ことです。締めくくりを大切にする。日本人ならではの美意識が生んだ表現です。

IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より

「知っているようで知らない日本語」㈱ごま書房より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ