« 認知症の発症リスクを減らす:軽度認知障害(MCI)とは | トップページ | 認知症の発症リスクを減らす「軽度認知障害(MCI)は必ずしも認知症になるとは限らない」 »

2019年1月31日 (木)

認知症の発症リスクを減らす「軽度認知障害(MCI)とみなされる状態とは」

正常とはいえないが認知症とも診断できるレベルではない、認知症の前駆状態またはグレイゾーンともいうべき状態を指します。例えば次のような状態です。

・認知機能の低下が徐々に進んでいて、認知症と診断される手前の状態。

・本人や周囲の人が、記憶力など認知機能の低下に気づき、不安を感じている状態。

・自分の身の回りのことは自分で出来、職場でも退職を余儀なくされるほどのミスはない。

『認知症サポーターのひとりごと』

参考:認知症サポーター育成「ステップアップ講座用テキスト(NPO法人地域ケア政策ネットワーク/全国キャラバン・メイト連絡協議会)」より引用・編集

« 認知症の発症リスクを減らす:軽度認知障害(MCI)とは | トップページ | 認知症の発症リスクを減らす「軽度認知障害(MCI)は必ずしも認知症になるとは限らない」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 認知症の発症リスクを減らす:軽度認知障害(MCI)とは | トップページ | 認知症の発症リスクを減らす「軽度認知障害(MCI)は必ずしも認知症になるとは限らない」 »

ウェブページ

最近のコメント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ