« 「修活」から考える「終活」:医療の希望(告知) | トップページ | 「修活」から考える「終活」:医療の希望(延命治療) »

2019年3月11日 (月)

「修活」から考える「終活」:医療の希望(余命宣告)

「修活」は終わりに向けて活動することが目的ではありません。自分らしく生きるためにはを考えて実践する人生の設計&活動です。修活」には「終活」も含まれます。記録は「人生デザインノート」に残します。

告知や余命宣告を受けたときは誰しもショックです。与えられた時間を如何に有効に使うかを考えて、実行するることは「終活」のみならず大切な「修活」でもあるのです。多くの場合、様々な葛藤を繰り返しながら受容という流れに辿り着きますが、いつまでも落ち込んでいては始まりません。有意義な時間を持とうと思った瞬間から新しい自分を見つけられるかも知れません。ポジティブな発想が目には見えない力を与えてくれ、良い方向に向かうことさえあります。命は時間!大切に使いましょう。

「終活ライフケアプランナー」のひとりごと

eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.htmlより引用&編集

« 「修活」から考える「終活」:医療の希望(告知) | トップページ | 「修活」から考える「終活」:医療の希望(延命治療) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「修活」から考える「終活」:医療の希望(余命宣告):

« 「修活」から考える「終活」:医療の希望(告知) | トップページ | 「修活」から考える「終活」:医療の希望(延命治療) »

ウェブページ

最近のコメント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ