« 日本語あれこれ「三顧(さんこ)の礼」 | トップページ | 先輩からの贈り物「人を説得する法:相手の意見に敬意を払う」 »

2019年4月23日 (火)

日本語あれこれ「三十九じゃもの花じゃもの」

“さんじゅうく じゃもの はなじゃもの”です。
この表現には前句があって、「四十四十(しじゅうしじゅう)と人言うけれど、三十九じゃもの花じゃもの」という昔の俗謡(ぞくよう:民謡・流行歌)からきたことばです。
女性に年齢を聞くのも、年齢表現をするのは今も昔も微妙なものです。
“三十九歳はまだ三十代、これから人生の花を咲かせるのだ、盛りの時期なのだ。”という切実な表現です。
IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より
「ことわざ辞典」監修:中川昇 ㈱大創出版より引用&編集

« 日本語あれこれ「三顧(さんこ)の礼」 | トップページ | 先輩からの贈り物「人を説得する法:相手の意見に敬意を払う」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本語あれこれ「三顧(さんこ)の礼」 | トップページ | 先輩からの贈り物「人を説得する法:相手の意見に敬意を払う」 »

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ