« 日本語あれこれ「ない時の辛抱、ある時の倹約」 | トップページ | 先輩からの贈り物「人を説得する法:相手の身になる」 »

2019年5月18日 (土)

日本語あれこれ「和して同ぜず」

「和」は、日本人が大切にしている心の一つです。美徳の一つともいえます。
このことばは、「極力、人とは争わず調和を重んじる心であること。且つ、自分の信念はきちんと持って対峙すること。安易に同調したり迎合したりしないことが大切です。」という戒めのことばです。
かといって、厳しく対応しなさいといっているわけではなく、協調性をもって和やかに接してください。しかし、その場の思いつきやその時の感情でむやみ(無責任)に同調(賛成)したりはしないように。という意味合いのものです。
IT坊主のひとりごと「IT坊主の無駄方便」集より
「ことわざ辞典」監修:中川昇 ㈱大創出版より引用&編集

« 日本語あれこれ「ない時の辛抱、ある時の倹約」 | トップページ | 先輩からの贈り物「人を説得する法:相手の身になる」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本語あれこれ「ない時の辛抱、ある時の倹約」 | トップページ | 先輩からの贈り物「人を説得する法:相手の身になる」 »

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ