« 認知症の発症リスク「低栄養予防:積極的に摂取すべき食品」 | トップページ | 認知症の発症リスク「口腔内環境の重要性:歯磨きの不備」 »

2019年10月 4日 (金)

認知症の発症リスク「口腔内環境の重要性:噛めなくなると」

噛めなくなると自浄作用が衰えます。
・唾液や舌、口腔周辺の筋の動きなどにより自らきれいになろうとするメカニズムが備わっている。
・経口摂取ができない場合や口腔内に及ぶ麻痺があると自浄作用は著しく低下し、口腔内の汚れは悪化し、細菌数(悪玉菌)が増加する。
参考:認知症サポーター育成「ステップアップ講座用テキスト(NPO法人地域ケア政策ネットワーク/全国キャラバン・メイト連絡協議会)」より引用・編集

« 認知症の発症リスク「低栄養予防:積極的に摂取すべき食品」 | トップページ | 認知症の発症リスク「口腔内環境の重要性:歯磨きの不備」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 認知症の発症リスク「低栄養予防:積極的に摂取すべき食品」 | トップページ | 認知症の発症リスク「口腔内環境の重要性:歯磨きの不備」 »

ウェブページ

最近のコメント

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ