« 説話「寺院(僧侶)」に期待されていること」 | トップページ | 情報セキュリティ( 何気ない情報発信にも注意を) »

2019年11月27日 (水)

説話「営業マンと僧侶」の意外な共通点」

社会は人の活動と組織で構成され成り立っています。営業活動を行なう場合の対象は組織であっても顧客という人です。単に商品やサービスの内容を提案したり、アイデアを提供するだけでなく、「顧客が不安に感じている事を知ってそれを払拭(取り除いたり、場合によっては代替など)する事」が営業マンの重要な役割です。僧侶の場合も同様で、本来の役割である「如何に生きるか」を考え、人の心を癒すことが大切であるにも関わらず、葬式坊主と揶揄されていることさえあり、期待されていることにもある「不安に対しての活動」とは程遠い評価になっています。このように、「営業マン」の活動も「僧侶」の活動も、人の心の「不安を解消する」という部分において共通な役割を持っています。いくら愛想よく、言葉だけで理解していますと言っても、相手が期待する成果を提供できなけばいずれ相手は遠ざかっていきます。信頼を得て寄り添って、内容ある対応が重要です。見放されないよう誠実に、真心込めてが基本です。 合掌
「IT坊主の無駄方便」/ 快栄寺(eお坊さんねっと)説話集より

« 説話「寺院(僧侶)」に期待されていること」 | トップページ | 情報セキュリティ( 何気ない情報発信にも注意を) »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 説話「寺院(僧侶)」に期待されていること」 | トップページ | 情報セキュリティ( 何気ない情報発信にも注意を) »

ウェブページ

最近のコメント

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ