« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月27日 (金)

説話「新たな出会いのきっかけ」

今の自分、あれこれ考える事や、しがらみなどもあって思うままに出来なくなっていませんか。
頭の上のほうに靄(もや)がかかっていませんか。
自分の眼は輝いていますか。などなど、
思い当たる事がある人、時には、プチバカになってみませんか。
あれこれ考えず、着飾ったものを脱ぎ捨てて、思ったことに自然体で飛び込んでみるのも悪くないかも知れません。何かの切り替わりのタイミングが、新たな自分に出会えるチャンスかも!
キッカケは、「誕生日や〇〇記念日。年度や年替わりなどなど」人それぞれです。
「IT坊主の無駄方便」/ 快栄寺(eお坊さんねっと)説話集より

2019年12月26日 (木)

説話「人の話を鵜呑みにするな!」

人の話を即、簡単に鵜呑みにしてしまう人がいますが、頭から信じるのは危険です。今の世の中、真実だと思っていたことが簡単にひっくり返されてしまうことが多々あります。例えば、
・経済は安定してきた→100年に一度の大不況
・安心大丈夫だと言われた大企業→大赤字で買収される(これはまだいいほうです)
・クリーンなイメージで売っていた政治家→献金問題でドロドロ
・息子だと思って振り込んだ→なんと詐欺だった
・清純派だと思っていた→私生活は薬まみれ?
・手相を見ますよという親切→カルト教団へのお誘い
・儲かりますよ→マルチ商法の詐欺集団
などなどキリがありません。「気を付けよう。甘い言葉と暗い道!」
参考「こんなところに仏教語!(http://www5a.biglobe.ne.jp/~houon/sekkyou-bn07.htm)」より引用&編集
「IT坊主の無駄方便」/ eお坊さんねっと 説話集より

2019年12月25日 (水)

説話「疑惑」

世の中「疑惑」だらけ・・と思える今日この頃。最近では、あの清純派と思われた方や政治家も官僚も、疑惑まみれでニュースや報道ネタには事欠かない時代になっています。さて、この疑惑ですが元をたどれば仏教とともに伝来した言葉で、一般的には、「うたがい迷うこと。疑い、不信」などという意味で使われます。
その元となった仏教ではどうかと言いますと、おなじみの仏教語大辞典にはこのようにあります。「懸念:ただこれだけです。」ちなみに「懸念」を調べてみても仏教語大辞典には載っていなくて、国語辞典に、「仏教語として執着、執念」の意味があると記されています。あれこれの講釈は省きますが、そもそもの仏教語での疑惑は、「仏教のことに関して疑うこと」と限定されているようです。それが、広く一般にも使われるようになったようで、「にわかには信じられないぞ」という意味で理解しておいたほうがよさそうです。
人の話を鵜呑みにすることは、危険なこと。それが真実かどうかは検証してみるか裏付けをとらないとわかりません。
お釈迦様(仏教の開祖)は、自分の説いたことを「よくよく観察してみなさい。一つでも当てはまらないことがあるかどうか、よく観察してみなさい!」と説いています。
参考「こんなところに仏教語!(http://www5a.biglobe.ne.jp/~houon/sekkyou-bn07.htm)」より引用&編集
「IT坊主の無駄方便」/ eお坊さんねっと 説話集より

2019年12月24日 (火)

説話「自ずと身につく」

大バカと言われる人になると、「周囲には本当に馬鹿かもしれないと思わせ本当のところは見せていない。自然体で背伸びをしていないから周囲も自分も疲れない。しかし、物事のツボはきちんと押さえていてやるべきことはやっている。気負いがないから健康でいられる。周りから見たら達観・卓越した状態にある。」というように捉える事ができます。
利口ぶるということは、賢く見せるためのメッキがしてあり、ちょっとしたきっかけで剥がれ、いずれ土台が見えてきますが、馬鹿ぶって見える人の素顔はどうでしょう。相当な修練と経験を積んだ「技(わざ)」であり「芸」なのかもしれません。身に付いたものでしょうから簡単には剥がれる事はないようです。これが自分の為でなく、人のためにも「バカになれる」ということであれば、尊敬すべき「大バカ」なのかも知れません。こういった状態が、“悟りを得る”ということに繋がる事かもしれません。これらは教育や学習などでは得られないことでしょう。
「IT坊主の無駄方便」/ 快栄寺(eお坊さんねっと)説話集より

2019年12月23日 (月)

説話「背伸びは疲れる」

何日も時間をかけて、練りに練って、周囲に気を配り、しがらみも考慮してやったつもりが、必ずしも良い成果を生むとは限りません。自由に好きに行なったことより評価されない事があります。
人は誰しも、褒められたい、格好良くしたい、すばらしい人、良い人と言われたいなどと思うものです。人によっては、持ち上げられていたいと思う人も居ます。逆に、そんな窮屈なこと、しがらみも、単に神輿に乗せられているのは御免だ、自分の好きな事を自由にやっていれればいいなどという人も居ます。何が心地よいかは人それぞれです。
自分を賢いと思っている人は、「その知識に頼り、捨てることができない。物事の判断基準は論理的・科学的思考によることが多い。自分が中心で居たい。 良く見せようと態度や言葉などに出したがる。他人の目を気にする。・・・」などの傾向があり、一緒に居る周りが窮屈で気を遣いますが、本人は気がついていない場合が多いようです。
「IT坊主の無駄方便」/ 快栄寺(eお坊さんねっと)説話集より

2019年12月20日 (金)

説話「ビジネスでの苦い経験」

サラリーマン時代、会社で、大体年に一度「研究発表会」とか「技術論文発表会」が全社規模でありました。今でも継続されているはずです。成果や実績は勿論、失敗・反省事項なども盛り込みます。当然、調べる事が沢山出てきます。まとめ方、発表の仕方も重要です。練りに練って時間を掛けて作成し、周りの意見も取り入れて、将来への展望なども格調高く盛り込んだつもりの内容にし、何度も関係者レビューや発表の練習を行ない本番へ望んだが、反応はさほど良くなかった。
一方、さほど時間も掛けずに、成果と本人の思いのみを纏めて、格好もつけずそのままぶつけただけの内容のもののほうが、評価が良かったなど様々です。
企画書や提案書作成も同様で、周りからの情報や他部門の意見なども取り入れ、あれこれしがらみ等も想定し、下調べや検討をしているうちに、メニューだけは豊富なものになったが、焦点が霞んでしまい、相手の心に響かないものになってしまったこと。アイデアをこねくり回している間に、理論と理屈で盛り付けただけの内容に仕上がってしまったこと等数々です。こんな苦い経験がある方もいるかもしれません。格好つけただけのものは誰にもお見通しです。
「IT坊主の無駄方便」/ 快栄寺(eお坊さんねっと)説話集より

2019年12月19日 (木)

説話「可及其智不可及其愚(そのちにはおよぶべきも そのぐにはおよぶべからず)」

可及其智不可及其愚(其の智には及ぶべきも、其の愚には及ぶ べからず)「賢くなることはできても、大バカになることは難しい。」ということを言ったもので、禅語です。意訳すると、「利口にはなれても大バカ(大馬鹿)になるのはむずかしい。その大バカにあなたはなれますか?」です。
禅では、“悟りを得る”という表現をよく使います。修行での座学(講義)では、『これは奥深い言葉で簡単には体感できない状態を得るということで、自分は頭が良いと思っている人が悟りを得ることは難しいといわれます。
なぜならば、“悟りを得るためには”ということを一生懸命、頭を使って考え何とか悟りを得ようとしますが、悟りは、考えて得るものではなく、感じるものである。理論や理屈ではないという教えにも関わらず、この教え自体についてもこねくり回して考える。又、人より先に達成したい、できれば一番がいい、意識無意識に関わらず周りに認めてほしいと思う心が疼(うず)き、利口ぶる態度が出て、焦りに繋がる。本当の意味で頭の良い人(賢者)は、意識して自我を自制出来る人です。学習や訓練など努力の結果で、賢者にはなれる(近づく)かもしれませんが、大バカ者になるのは賢者になるよりも難しい。天性のものであったり、自我を捨て賢者を超越した状態になることが出来るかどうか、相当の覚悟が必要です。』という解説があり、難題多く未だにクリアできず、悟りを得る事も、大バカどころかバカにもなれずの状態にあります。
「IT坊主の無駄方便」/ 快栄寺(eお坊さんねっと)説話集より

2019年12月18日 (水)

「終活」:デジタル遺品問題

最近増えているデジタル遺品
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0010_20191218093801

2019年12月17日 (火)

「終活」:生前整理のプロセス(手順)

分類して効率よく整理しましょう。
・すべてを一度に行う必要はありません。時間をかけて無駄のない整理・整頓を!
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0009_20191217091301

2019年12月16日 (月)

「終活」:生前整理はまだまだ早いと思っている人へ

40歳を過ぎたら未来志向の生前整理を!
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0008_20191216085101

2019年12月13日 (金)

「終活」:生前整理:書いて残してくれるとうれしいこと

生前整理で大切なこと は、キチント伝わることです。
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0007_20191213085101

2019年12月12日 (木)

「終活」:生前整理:家族が助かるアイテム

書いておいてくれるとうれしいベスト8アイテム
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0006_20191212094101

2019年12月11日 (水)

「終活」:生前整理:整理しておくと家族が助かるアイテム(自動車)

自分が使用しなくなった(免許証の返納含む)車は、相続するか廃車にするかの判断を早めに!
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0005_20191211085501

2019年12月10日 (火)

「終活」:生前整理:自分と家族のための生前整理

整理しておくと家族が助かる3アイテムを紹介します。
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0004_20191210090401

2019年12月 9日 (月)

「終活」:生前整理:生前整理が必要な理由

・生前整理を行うことのメリット
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0003_20191209085301

2019年12月 6日 (金)

「終活」:生前整理:遺品整理は大変!

遺品整理には時間も手間もかかります。
・亡くなった後の片づけで「困るもの」
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0002_20191206085301

2019年12月 5日 (木)

「終活」:生前整理:未来志向の生前整理を!

今後の自分の人生を前向きに歩くために行うのが生前整理です。
基本は、「整理と「整頓」!
サロンマキ(MAC):「生き活きセミナー」(終活ライフケアプランナー)プレゼンテーション資料より抜粋です。
ご参考:「eお坊さんねっと」しゅうかつhttp://mac.o.oo7.jp/serviceindex1014.html
0001_20191205090901

2019年12月 4日 (水)

情報セキュリティ:事故・被害の事例「猛威!デマウイルス 」

Kさんは、メール友達のJさんから「Kさんのコンピュータはウイルス大丈夫?私のコンピュータはやられちゃったみたい。もし、"sulfnbk.exe" というファイルがあったら、すぐに削除しないとまずいよ。」という電子メールを受け取りました。すぐにKさんが自分のコンピュータを確認したところ、確かにこのファイルがあったので、慌てて削除してしまいました。でも、Kさんのコンピュータにはちゃんとウイルス対策ソフトがインストールされていたのです。では、このウイルスはどのように感染したのか。これは、デマウイルスというちょっと変わったウイルスです。つまり、この電子メールの内容自体が「デマ」、つまり嘘であるというわけです。この sulfnbk.exe は、Windows を正常に動作させるための重要なファイルで、これを消してしまうとコンピュータの動作がおかしくなってしまいます。実際に、このデマウイルスの情報は、チェーンメールとして日本中に広まり、多くの利用者に影響を与えてしまいました。なお、同じようなデマウイルスに、jdbgmgr.exe というファイルの削除を促すものがありました。 このようなメールを受け取っても、すぐには対応せず、詳しい人に確認したり、インターネットなどで調べたりしてから対応するようにしましょう。
出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』
(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/case/04.html)をもとに編集
マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

2019年12月 3日 (火)

情報セキュリティ:事故・被害の事例「ホームページを見ただけで・・・ 」

好きな歌手のファンが集まる電子掲示板を見ていたAさんは、「次回のコンサートのチケットが安く手に入るみたい。限定30枚」という書き込みを発見しました。早速、参照先のホームページのリンクをクリックしてみると、画面にウィンドウが次々と現れて、マウスで次々と閉じても、とても間に合いません。しばらくすると、キーボードもマウスも動かなくなり、コンピュータが停止(フリーズ)してしまいました。
これは、リンク先がブラウザクラッシャ、通称ブラクラと呼ばれる悪質なプログラムが置かれたホームページであったことが原因です。ブラウザクラッシャにはいくつかの種類がありますが、無限に新しいウィンドウを開くプログラムや、電子メールの新規ウィンドウを呼び出すプログラムを利用したものが有名です。電子掲示板やチャットなどで、参加者に対するいやがらせとして行われることが多いようです。
出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』
(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/case/03.html)をもとに編集
マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

2019年12月 2日 (月)

情報セキュリティ:事故・被害の事例「私の名前で誰かがメールを 」

大学4年生のA子さん。ある会社に就職が内定していました。ところがいつまで待っても、肝心の採用通知が送られてきません。そこで、会社の人事担当者に連絡すると、なんとA子さんから電子メールで内定を辞退するという連絡があったというのです。驚いたA子さんは、担当者に再度電子メールを確認してもらいましたが、間違いなくそれは大学で使用しているメールアドレスでした。慌てて大学に調査を依頼したところ、同じサークルの男子学生がA子さんになりすまして、人事担当者に電子メールを送っていたことがわかりました。男子学生は、A子さんのユーザ名とパスワードを盗み出していたそうです。男子学生は、他人のユーザ名を使用して認証サーバにアクセスしたということで、不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕されています。
パスワードは、人に推測されにくいものにして、他人にわからないように管理しなければなりません。もし、人に知られてしまった可能性がある場合には、すぐに変更するようにしましょう。
出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』
(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/case/02.html)をもとに編集
マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

ウェブページ

最近のコメント

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ