« 情報セキュリティ:事故・被害の事例「 資料請求の情報が漏洩」 | トップページ | 情報セキュリティ:事故・被害の事例「ホームページを見ただけで・・・ 」 »

2019年12月 2日 (月)

情報セキュリティ:事故・被害の事例「私の名前で誰かがメールを 」

大学4年生のA子さん。ある会社に就職が内定していました。ところがいつまで待っても、肝心の採用通知が送られてきません。そこで、会社の人事担当者に連絡すると、なんとA子さんから電子メールで内定を辞退するという連絡があったというのです。驚いたA子さんは、担当者に再度電子メールを確認してもらいましたが、間違いなくそれは大学で使用しているメールアドレスでした。慌てて大学に調査を依頼したところ、同じサークルの男子学生がA子さんになりすまして、人事担当者に電子メールを送っていたことがわかりました。男子学生は、A子さんのユーザ名とパスワードを盗み出していたそうです。男子学生は、他人のユーザ名を使用して認証サーバにアクセスしたということで、不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕されています。
パスワードは、人に推測されにくいものにして、他人にわからないように管理しなければなりません。もし、人に知られてしまった可能性がある場合には、すぐに変更するようにしましょう。
出典: 総務省『国民のための情報セキュリティサイト』
(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/case/02.html)をもとに編集
マキコーポレーション「公認情報セキュリティマネージャー(CISM)」システムノーティスより

« 情報セキュリティ:事故・被害の事例「 資料請求の情報が漏洩」 | トップページ | 情報セキュリティ:事故・被害の事例「ホームページを見ただけで・・・ 」 »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報セキュリティ:事故・被害の事例「 資料請求の情報が漏洩」 | トップページ | 情報セキュリティ:事故・被害の事例「ホームページを見ただけで・・・ 」 »

ウェブページ

最近のコメント

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ