説話「自未得度先度他」

 禅のことばで、じみとくど せんどた”と読みます。宮沢賢治の「雨ニモマケズ風ニモマケズ」にあるように、へりくだった態度、常にやわらかな心で、自分を勘定に入れないで世のため人のために、自分のことよりもまず相手のことを思いやる心を持っている人、相手の幸福を願わずにはおれないという菩薩のような心を持っている人のことを言い表す表現です。

人を幸せにしたい、自分は後でいいんだ、他人の幸福を願わずにはおれない、これを菩薩の行願といいます。「上は菩提を求め、下は衆生を教化す」とも言われ、利他行に励む人です。

いつも、「俺が俺が」「私が私が」、“自分ファースト”で何が悪いという文化の中ではなかなか生まれない想いです。
「こころと命の相談室」快栄寺(eお坊さんねっと)説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ