説話「忘己利他(もうこりた)」

「人間の性(さが)として、私たちはどうしても自分中心に考えてしまうことがあります。もっと欲しい、こうして欲しい、などとまわりに望むことが多くなりがちで、我欲が先立ちます。
最澄(さいちょう:天台宗の開祖)の言葉に『己(おのれ)を忘(わす)れて他(た)を利(り)するは慈悲(じひ)の極(きわ)みなり』という言葉「
忘己利他(もうこりた)」があります。自分のことは後にして、まず人に喜んでいただくことをする。そこに幸せがあるのだという言葉です。つまり我欲が先に立つような生活からは幸せは生まれないのだという意味合いです。

「もうこりた」→「もう懲りた」、従って、自分だけのことを考えて生きるのに「もう懲りた」、本気で全力で活動してきた結果「もう懲りた」。ついては、自分のことを忘れるほど他人の幸福(利益)を想い、他人のために尽くす(生きる)ことを始めるとも解釈できそうです。
 
なかなかその境地に達することはできなさそうです。何かを突き詰めていった結果辿り着く場所がそうかもしれませんが。しかし、少なくとも今の自分には到底できそうもありません。

「こころと命の相談室」快栄寺(eお坊さんねっと)説話集より

参考:「天台宗」法話集より抜粋・編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
無料ブログはココログ