日本語あれこれ「岡目八目」

“おかめ はちもく”です。

おこなっている本人よりも、それを傍で見ている人のほうが、冷静に観察できるので、事の善し悪しがよく見え、正確(的確)な判断が出来るという例えのことばです。

「岡目」は「傍目」とも書き、他人の行っていることを傍から見ることを意味します。

例えば、「囲碁」を行っている場合、実際の対局者よりも傍で見ている人のほうが先の手(八目先:沢山という意味)まで見通すことが出来るということです。

「ことわざ辞典」監修:中川昇 ㈱大創出版より引用&編集

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ