供養:法要

法要は、初七日、四十九日別名・大練忌(だいれんき)、百か日別名・卒哭忌(そっこくき)、一周忌 、三回忌 、七回忌 、十三回忌 、十七回忌 、二十三回忌 、(二十五回忌をおこなう場合あります)、二十七回忌 、及び三十三回忌(弔い上げ)又は五十回忌(弔い上げ)を区切りの年忌法要とします。以降、50年ごとに行う場合もありますが、ここで終了するのが一般的です。

一周忌と三回忌は、ひとりの法要を営みます。

七回忌以降は同じ年に法要が重なった場合、まとめて行ってもよいとされています。

一周忌:お亡くなりになられて、満1年後に行う法事。一回忌、一年忌、小祥忌(しょうしょうき)ともいいます(命日より早めの日に行うのが慣わしです)。一周忌までが喪中(もちゅう)で、この日をもって喪()が明けることになります(喪中に迎えた正月は、年賀状、年始挨拶、正月飾り、初詣などの正月行事は控えます)。

eお坊さんねっと 合掌 合掌

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

最近のコメント

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 生活
無料ブログはココログ